「シャル 宇宙航行線(Searl Astronautical Vehicle)」とは、SEGの 真空化効果と 量子的な 効果を 利用した 一つの 輸送手段です。
日本支社と 韓国支社以外の シャル グループでは、IGVと 呼ばれており、1960年には Levity Diskと 呼ばれました。
SAVの 構造は、SEGを 中心に、外部フレームと 様々な 制御装置で 構成されています。これは 実質的に SAV内で 推進方向を制御して、
オーバーロードを 防止するためです。オーバーロードは、SEGが 完全なる 超伝導状態になって エネルギーレベルが 急激に 上昇したときに 発生し、
SAVの 周りに 電子膜による 全体的な – 発光現象が 現れ、急激な速度で 大気の外に 急上昇になってしまいます。


[SAVの 飛行原理]

 

pjs122

SAVは、SEGの 真空化効果と 電子膜の効果を 利用して 推進する 移動装置です。
私たちが 地球に あるとき、すなわち、大気中で 飛行する 場合には、真空効果を 利用した 推進を 主に 利用します。
申し上げたように、SEGが 放出する 密度の高い 電子の 継続的な 動きを 介して 生成された 電子膜は 周辺環境を 真空、
または 低気圧にする 効果を 持っています。大気圏内で 推進している場合、
私たちは ただ 行こうとする 方向に 真空を 形成させてやるだけです。
そうすれば、もう 一方は 完全に 大気圧を受けることになり、いかなる 抵抗なく 移動することができます。
これらの推進方法は、空気との摩擦を 除去し、外部的な 要因に 干渉されないまま、
迅速に 推進できる 方法を 意味します。SAVは、大気圏内での飛行するときは、
真空と 電子膜を 同時に 形成させながら 飛行するので、どのような ソニックブームも 発生しません。
SAVは、いつも 真空を 介して 飛行するので、どのような 空気的 摩擦を 作り出せないからです。

 

earth_atmosphere-660x627地球の大気圧は 1平方センチメートル(1cm^2)当たり 1.033kgに 作用します。
もし 私たちが 片側のみ真空を 形成し、もう 一方は 完全に 大気圧を 受けるなら、別に 推進体を 用いなくても、迅速に 飛行することができます。たとえば、10m”SAV”の場合、円盤の片面の表面積は 大まかに 785,400cm^2程度に なります。つまり、大気圧に 適用させてみると、この一方の面には 811,300kgの力が 加えられているということが 分かります。もし 私たちが この 大気圧を SAVの下部に 維持させ、上部に 真空を 形成させてくれれば、私たちは 800 ton の推力に 上がることになります。電子膜は 真空を 形成させ、真空は 大気圧の力を 介して 推力を 発生させます。継続的な 電子の流れに 起因する 真空保持を 介して、いくら 速い速度で 飛行をしても、どのような ソニックブームも 生じていないまま 飛行できるようになります。また、電子のために 形成された 電子膜が 非常に 強い負電荷で 構成されているので、他の物体が 強い 負電荷の流れを 突き抜けて 電子膜内部に 入らないようにします。つまり、SAVは いつも 行こうとする 方向に 真空と電子膜を 同時に 形成させるために、これによる 大気圧を 介して どのような 摩擦や ソニックブームなく、飛行することができます。これは、大気圧でのみ 適用されるものではなく、水の中でも 同じように 適用されます。水の圧力より 強い負電荷の流れを 形成させてくれれば、水中でも 同じように 飛行することができます。したがって、SAVは 空と海、そして 宇宙。。いかなる 環境にも 影響を 受けない、汎用性 移動装置です。

 

스크린샷-2015-10-21-오후-5.37.11地球の中では、これらの 真空推進 システムを 利用して 推力の大部分を 作成します。しかし、大気の外に、
宇宙に 進入するようになると、大気圧は ”0”に 近づくようになり、もう 真空を 通じた 推進は 不可能になります。
シャル グループで 研究したところによると、SAVの 周りに 展開された 全体的な 電子の流れ、
電子膜は、フェルミ粒子の電子ではなく、超伝導化された SEGを 通じた ボソン – 電子で 構成されているので、
これらの クーパーペア – 電子膜による 量子効果を 通って、真空推進と 同じ 方法で 行こうとする 方向に 
電子幕を 展開するのだけで 推進が 可能と 見ています。
そして、私たちは これらの 電子膜を 通して 宇宙に 出て行くとしても、地球の電離層と 同じ効果として、
宇宙線(Cosmic-Ray)のような 放射線にも 安全な 環境を 構築したままに 推進することができます。
SAVの 電子膜は さまざまな リスク物体の衝突にも 電子膜内部を 保護できる 保護膜のような 概念としても 使用されます。


[SAVの構造]

스크린샷-2015-10-17-오후-2.17.58

 

基本的には、SAVの構造は、上記になります。まず、「SEG」が 「SAV 外部フレーム」に 装着されてて、
SEG内側方向には 「人が 利用して 各種設備が 装備されている 部屋」と、「外部環境と 連結させてくれる 部屋」に 分かれています。
SEG外側方向には 「電子の流れを 変えてくれる 制御装置」と 「外部へ 電子の流れを 放出させてくれる 放出フレーム」に 分かれています。
上の写真の SAVは 大まかに 11m級の 2〜3人が 乗られる 小型SAVであり、
20m級以上では、2階〜3階に 分かれて別々に 生活空間を 確保することがでるように 設計されています。
人が乗れる SAVを 作るためには、人が 生活する 空間に 様々な 設備が 装備されるべきです。たとえば、
SEGの 低温化効果のために 周囲の環境が 非常に 低い温度に 進入するので、
私たちは、人為的な 熱発生装置を 装着する 必要があります。
私たちは、このように SAV内部に 人が 乗られるように 製作する プロジェクトを「Starship – Ezekiel Project」として 定義しています。

 

ColdFlameBarrierSAVの 外側方向の制御と 放出装置は 次のとおりです。SEGが発生させた 膨大な量の 電子の流れを制御装置である 「Thrust Cell」に 進入することになります。
”Thrust Cell”は 総合 64つに 分かれており、機械的な “cell”の方向転換を 通って 電流を 進入するようにするのか どうか、あるいは 防止するかを 決定します。私達が もし SAVを 右に 飛んでさせたい場合、右の “cell”は、電流を 流れている 同士に、左の “cell”は、電流を 流れないようにする 方法で 右に 飛びます。とにかく、このように 通過された 電子的な 流れ体は 制御装置を 通って 「Cold Flame Barrier”に 進入することになります。この 放出フレームは 鋭く 作られているので、電子が これらの ピークのところで 簡単に放出される 性質を 利用して、SEGを 介して 発生した 電子の流れを 空気中に 放出させます。

 

image12SAVの 制御装置は、64個の制御 cellで 構成されているので、1つの cellあたり 大まかに 5度の角度を 制御できるようになります。SAVの中央部分は、いつも SEG リングの 最初の層の ネオジム(+)極と 接続されているので、ただ、これらの 制御cellを 開け閉めする 機械的な 方向転換を 介して 私たちが 行こうとする 方向に 自在に 電子の流れを 制御できるようになります。
そして、SAVを 傾け者ときは、二つの磁石にされた 機器を 使用して 切り替えます。この 機器は、軽い 材料になっており、ブラシと 放出機の 間に 位置しています。この デバイスの 瞬間的な 動作を 介して SAVの方向を 制御するために 使用されます。

 

IGV_SEGsideviewSAVに 使用される SEGは 発電用SEGとは 少し 異なって 設計されています。真空化と 電子膜を 正しく 使用するためには、一般的な SEGよりも 非常に 高い出力を 使用する 必要があります。
一般 SEGは”Law Of Square”による 4-Squareを 使用して 作られますが、SAVに 使用される SEGは、6-Squareを 使用します。これは、SEGを 構成する 材料が、6つの材料として 作られるという 意味であり、一般 SEGとは異なり、中心から 遠ざかるほど リングと ローラーの 高さがより低くなって 厚さは、より 厚くなることを 意味します。一般的に、これらの SAV用 SEGの設計は 7度〜15度くらいの角度を 持って 設計されています。このように、角度を持つ設計は、電子が循環するたびに、ますます圧縮化させる効果を生み出します。これにより、電子に 構成された 電子膜は より 圧縮され、より 高い エネルギーに 変換されます。また、これらの 圧縮効果は ピンチ効果を 使用して,さらに 増幅されます。このように 製作された SEGを 通じた 電子的な 出力は SAVを 飛行するために 使用されるだけでなく、内部の設備に 電気を 供給することにも 使用されます。つまり、私たちは これらのSEGと SAVの様々な 設備を 介して 電子の流れを 上下、どこにでも 調節されるようにすることができており、あるいは、すべての 制御装置を 閉じることもできます。私たちが もし SAVを 空中で 浮いようにするには、すべての 制御cellを 閉じるされます。すべての 放出機が 電子を 放出すると、すべての 方向に 力が 作用力で、中立が 行われて SAVは一点に 固定されます。


[オーバーロード]

 

jmp_eclipse03_04-1024x768

SEGを 動作させる際に 最も 注意すべき点は、エネルギー状態を 過負荷状態に 到達しないように しなければならないことです。
もし SEGが 非常に 高い エネルギー状態に 到達して、完全な 真空と、超伝導状態に完全に 進入するようになると、SEGは エネルギー状態を 急激に 上昇させ、莫大な 量の電子による 電子膜を 形成させることを 開始します。結局、SEGは 周辺の電子膜の 強い 斥力によって 空中に 浮上しながら、どの瞬間 空の上に 急激に 打ち上げます、この時、電子膜が 発生させる 電磁波は 可視光線領域に 到達して 強い 発光現象を 発生させます。 このように、SEGが 高い エネルギー状態に 進入するようになると、電子を 放出するとき、光を 放出します。光は 電磁波であり、電子は動くとき、その エネルギーによって 作られた 電磁波を 放出するからです。私たちは、このように 光を 放出しながら 地球の外へ 打ち上げる SEGの 奇妙な 現象を「オーバーロード」現象と 呼ばれます。私たちは、これらの オーバーロード効果に よって ほとんどの SEGと SAVを 大気の外に 消失されるようになりました。最終的には、20世紀後半に、オーバーロード現象を 遠距離で 調節できる 方法が 発見されました。SEGの 電子膜は ただ 一つの 電磁波だけを 生成し、他の外部の 電磁波は すべて 吸収したり 反射する 性質を 持ちました。私たちは、電子膜が 放出する 単一の 電磁波と 同じ 強い電磁波を 発生させ、電子膜の エネルギーレベルを 調節することができており、 あるいは SAV内部で エネルギーレベルを 調節するだけでが、オーバーロードを 制御できる 唯一の 手段です。私たちは、このような 「オーバーロード現象」が、 量子効果である マイスナー効果と 関連が あるものと 予測しています。

 

私たちは、過去の SAV実験で 見られてた 慣性効果など、さまざまな 不思議な 効果が 量子的な効果と 関連していると 予測しています。스크린샷-2015-10-16-오전-3.30.44-1024x351
極低温で 超伝導化された SEGは、周囲の環境から フェルミ粒子の電子を 集め SEG内部で クーパーペア 電子に 変換されます。
クーパーペア 電子は 互いに 両者的に 連動されて、まるで 1つのように 行動して 動きます。
SAVは、いつも これらの クーパーペア 電子で 形成されている 電子膜内部にあるので、
これらの 不思議な 効果を 発生させることだと、予測しています。

 


스크린샷-2015-10-25-오후-8.56.32

このように、SAVと SEGが 発生させる 色々な 効果を 利用して、
無人&有人で 利用できる 飛行装置です。
SAVは、いつも 真空と電子膜を 通して 移動するので、
SAV内部は 常に 保護されます。
また、どのような 摩擦なしに 移動するので、
非常に 迅速に 移動することが できており、
旋回することなく、自由自在に 移動が 可能です。
したがって、SAVとは 安全で、速い、そして 汎用的な 移動手段です。
有人SAVを 作る プロジェクトは、
「SEG 商業化 プロジェクト」が 終わった後、
「Ezekiel プロジェクト」という名前で 始まる予定です。

現在、この ホームページで 技術された SAVの説明は 一部だけ 技術されており、詳細は、アーカイブのレポートや 複数の資料を使用して 見てください。