「シャル 効果 発電機(Searl Effect Generator)」は、電子を 利用した エネルギー機器として、まるで 水力発電機や 風力発電機のように 周辺の エネルギーを 私たちが 使用できる エネルギーに 変換させる原動機です。基本的には、SEGは 多数の ローラーと リングで 構成されています。そして、4つ以上の材料で 構成された リングと ローラーが 互いに 磁気的に 結合されており、
様々な 効果を 介して ローラーがリングの 周りを 回転するとき いかなる 摩擦も 起こさないまま 駆動されます。ローラーは、リングの 周りを 自転しながら公転をします。
ローラーの 回転による 遠心力を 介して 膨大な量の電子を ローラー内部から ローラーの表面外に 放出することになり、これにより、、周辺の空気を イオン化させて、電子で 構成された 電子膜を 形成させます。SEGは、リングと ローラーに 構成された SEGセットが 3重に作られており、これにより、より迅速に、高い エネルギーレベルで 簡単に 到達すること に設計されています。

[基本的な 構造と原理]

 a12fig02

ご存知のように、ホモポーラ モータ(単極モーター)は、右図の ような 形を 持ちます。
もし 上がN極,下がS極である 磁石があるとき、中心から 外側に 実質的な 電子の流れを 加えてくれば、この金属磁石は、反時計回りに 回転するようになります。
SEGは 同様の原理を 持っています。  SEGのすべての パーツは、中心から 物体表面 外への 放出する 電子の流れを持ち、
その物体が 持っている 磁石層の磁気方向に 沿って 時計回りまたは 反時計回りに 回転します。

 

Segment_Dam460_0001SEGの すべてのパーツは、次のような 4つの 材料で 構成されています。

  • 最初の層 – 貯蔵所- ネオジム = 元素記号60回 希土類として、非常に多くの量の 電子を 持っており、簡単に 電子を 出してくれる 性質を持つ。
  • 第2層 – 関門 – テフロン = 半導体のような 役割をして、電子が 一方方向だけで 流れることと 同時に、電子の流れを 均等にしてくれる。
  • 第3層 – 発電機 – 磁石階 = 単極モーターの 原理により、遠心力を 介して 誘導された 電子の流れで ローラーの 回転を より 加速させる。
  • 第4層 – 放出機 – 銅 = 積もっている 電子を 空気中で 放出する 傾向を有し、同時に 反磁性体の 性質を持つ。

 

これらの 4つの材料が 一つのセクションに 結合されるようになると、電子たちが 中心から 外側に 簡単に 移動しようとする 性質を持つようになり、
このように 構成された SEGローラーが 急速に 回転する場合、電子は 内部から 外側方向に 容易に 移動するようになって、空気中に 放出されるようになります。

 

つまり、上がN極、下がS極である ローラーを 反時計回りに 回転させると、遠心力によって 莫大な量の自由電子が 中心から 外側に向かって 流れるようにされて、これは、単極モーターの 原理によって、同じ方向に 回転速度を より速く 加速させることになります。
回転速度が 速ければ速いほど、ネオジムによる 自由電子が もっと たくさん 流れるようになって、ローラーは、より迅速に 加速されます。また、ローラーが 回転すると、ネオジム層は(+)極となって 銅層は (-) 極に 充電され、回転速度が 速いほど、
これらの 極性の違いは もっと ひどくなります。銅層に 到達した 電子は、外部に すぐに 放出されるようになり、
このように 銅層から 外側に(空気層)放出された (-)電子は 強いの (+)極の ネオジム層に 誘導されて、
収集がされて、ネオジム層に 入って すぐ同じシーケンスで、再び ローラーの 遠心力の影響により、
外部に 放出される 「循環 システム」を 持っています。循環 システムは、一つの 循環系を意味し、
電子は これらの SEGーシステムによって 絶えず 循環します。

 

SEGEnergyCyclerev3.jpgoriginalSEGは、基本的に、ネオジムに 存在する 膨大な量の 電子を 使用して SEG周辺に 電子膜を 形成させます、そして 循環ーシステムで 電子を 循環されるように 作られています。この 循環ーシステムは、まるで 水力発電の循環系と 同じです。水力発電は、循環系の 媒体として 水を 使用しますが、SEGは 媒体として 電子を 使用します。
水力発電所は、水の貯蔵所から 水門を 介して 水の量を 制御しながら 放出し、放出された 水の流れを 介して 発電機から 電気を 生産します。そして 放水口を 介して 川に 放出させます。放出された 水は、蒸発して 雲になり、この雲は 再び 水が満載の ストアに 戻って、雨を下げます。これは 水力発電所を 継続的に 使用できる循環系です。いくら 水を 介して 電気を 生産こなすとしても、その水の量は ほぼ 変わらなくなります。これは 川を 介して 水の量を 維持したり、雨を 介して 再び 循環させるためです。 SEGも、これと 同じ システムを 持っています。ただ、これらの 循環系の媒体として 水では なく、電子を 利用します。
SEGは、電子の貯蔵所(ネオジム)から 関門(テフロン)を 介して 電子の量を 制御しながら、外部層に 放出し、放出された 電子の流れを 介して 発電機(磁石層)から ローラーの運動 エネルギーを 加速させます。そして 放出機(銅)を 介して 外部に 放出させます。放出された 電子の流れ体( – )は、強い(+)極に 充電化された 貯蔵所(ネオジム)に 誘われて帰って、収集されます。これが SEGを 継続的に 使用できる 循環系です。また、いくら 電子を 介して ローラーを 加速しても、電子の量は ほぼ 変わらなくなります。ネオジムの 電子の不足が 生じると、露出された ネオジムの表面を 介して 外部(空気)から 電子を 収集したり、循環系に 凝縮された 電子の流れ体を ネオジムに 進入できるように 誘導するためです。

 

SEGの このような 循環系を 維持するためには、ある程度のRPMを 作り出さなければなりません。
一定以上のRPMで 到達した 瞬間から SEGの これらの 循環システムが 継続的に 維持されます。
初期の遠心力が 存在すればこそ、内部から 外部に 移動する 電子の流れが 生まれてきて、電子の流れは、
磁石層に 到達し、ローラーの回転を 加速させるためです。
遠心力は、電子の流れを 作り出して、電子の流れは 再び 遠心力を 生み出します。
これはフィードバックを 通じた エネルギーを 維持する 方法です。
もし ローラーが 回転するとき どのような摩擦力も 受けず、いかなる 損失もなく、
電子が 内部層を 通過する際に どのような 電圧降下と ジュール熱が 発生していないままに
このような 循環システムを 継続させると、ローラーは その回転速度を 継続的に 増加させることになります。
SEGは ネオジムの 潜在的な エネルギー、周辺の空間から 電子を 収集し、
電子膜の 電磁波 吸収を 介して エネルギーを 得られます。
これらの 電子のエネルギーは、太陽から はじめあり、
地球は 電子を 盛る器として、太陽が 放出した 莫大な電子を 込めています。

SEGは、これらの電子を 収集し、太陽が 常に 発する 電磁波を 直接/間接的に 吸収します。したがって、この SEGは 場所、時間、環境に とらわれずに、
継続的な 発展を することができます。これは、水力発電所も 同じですが、SEGは 小型であり、値安く、どこでも移動できる 利便性を 持っています。また、
循環系と フィードバックを 通じた エネルギー維持を 通って 「エネルギー貯蔵装置」として 使用することもできます。
つまり、SEGとは 「原動機」であり、「エネルギー貯蔵装置」の機能を 持つようになります。


 

249662_10150192791993302_7200693_nSEGの 基本的な構造は、

4つの材料に結合された リングと ローラーが 磁気的に 結合されています。これは、リング(上がS極、下がN極)と ローラー(上記がN極、下がS極)が 磁場引力に よって ローラーが リングを 中心に 回転するということを 意味します。一つの リングの隣には、これらの ローラーが 複数 取り付けられており、回転するときの ローラー(N極、S極)と ローラー(N極、S極)は、磁場斥力によって 互いに 押し出します。ローラーたちは、リングの表面で 回転を するようになるとき、自己 – ベアリング効果に よって 自転と公転を 同時にし、同じ回転方向と 同じ公転方向を 持っています。SEGが 駆動するとき、リングは 動きません。リングは 固定子であり、ローラーは 回転子です。唯一に ローラーだけが 実際に 動いています。最初のリングで 誘導された 電子の流れ体は最初の層の ローラーの ネオジムに 入って加速され、再び 放出されます。最初の層の ローラーが 放出した 電子の流れ体は 再び 第2層 リングの ネオジムに進入し、その次の段階に 進みます。SEGは、これらの システムを 繰り返して 循環させます。

SEGは、これらの リング – ローラーセットが3重になっており、リングは 3つ、ローラーは66個で 構成されています。(家庭用SEG)このような 形になったとき、最高の組み合わせとなり、多くの量の 電子たちの流れを 各段階を 通過しながら 発生させることができます。実際には、SEGが 動作するとき、各 リングと リングの間には、非常に大きな 圧力で 電子の流れが 発生します。これらの 電子たちの流れは、実際的に ローラーを 回転させるようにする 駆動力であり、全体的な 電子の流れを 形成して ローラーが リングの上、または 下に抜けていかないようにします。これらの 循環システムは、リングから ローラーで、また 次の リングに 移って、次の リングの隣にある ローラーに 動きを 引き起こします。SEGの このような 循環システムによって 発生された 電子の流れは、周囲の空気を イオン化させ、空気を 電気分解させることになります。これらの 電子の流れ体は 連続的であるので、特定のRPM以上から SEGを 包み込む形の 電子の流れで 構成された 「電子膜」を形成させることになります。また、電子膜を 構成する 圧縮された 電子の流れは、周囲の空気を 暴いて、分解させ、押し出す過程を 介して 低気圧を 形成させることになります。つまり、SEGは、特定のRPMに 到達する瞬間、膨大な量の 電子の流れ体が 循環する 過程を 介して SEGを 包み込む形の 電子膜を形成させるようにされており、電子膜の 周辺に 低気圧を 形成させることになります。


[外部的な 損失を 削除する方法]

SEGが 駆動して、特定のRPMに 達した場合、どのような 摩擦や 損失を 持ちません。
下の分類は、速度の違いに応じて、外部的な エネルギー損失量を 減らすことができる効果です。

  • (1) 低速度状態 – シャル 磁化技術を 通じた、DCとAC 磁場 バランス[ローラーと リングの 間に微細な間隔形成]
  • (2) 平速度状態 – 銅層の 渦電流を 通したローラの 自己扶養[ローラーと リングの間に 間隔を形成] +  DCとAC磁場バランス(1)
  • (3) 高速度状態 – 電子膜の 反発力[ローラーと リング 間隔の最大化] +  DCとAC磁場バランス(1) + 渦電流を 通じた 磁場浮揚(2)
  • (4) 超高速状態 – 電子膜による 真空(低気圧)の形成 【ローラーの空気抵抗 削除] + DCとAC 磁場バランス(1) + 渦電流を 通じた 磁場浮揚(2) +  電子膜の反発力(3)

 

最初に、低速度状態 – シャル 磁化技術を 通じた、DCとAC 磁場バランスです。

SEGは、3番目の層である 磁気階のみが 磁化されます。この磁石層は 「シャル磁化」と いう 特殊な 方法で 磁化されます。
これは、磁石層の内側部分は、直流磁場で 磁化させて 上がN極、下がS極のように 方向性がある 全体的な 磁化をすることに、磁石層の外側部分は、交流磁場で 磁化させて、様々な 小国的な 磁場極を 形成させて 正弦波の形の 磁場極を 配置する 方法を 意味します。
つまり、直流磁場を 介して 着磁された 磁場を 介して リングと ローラーが 磁場引力(他の極性)で 互いに 引かれて店するのと 同時に、交流磁場を 介して 着磁された 複数の 磁気極性の磁場斥力(同じ極性)に 押し出すことを 同時に 持たせ 引力と斥力の バランスの とれた バランスを 介して 低速度のときの リングと ローラーの間に 小さな 間隔を 置いて 回転することができるようにします。この 特殊な 磁化方法は、唯一の “シャル グループ」だけが 持っている 技術であり、このように 着磁された 特殊な磁場は、これらの小さな 間隔を 作ってくれるだけでなく、ローラーが リングの 周りを 回転するときの パターン的な 動きを 持つようにします。

そして、特殊磁化を 介して ローラは リングを 中心に 回転するとき、心臓拍動のようなパターンで ローラーが リングから 遠ざかったが 近くなったとする 動きを 持ちながら リングで 小さな間隔を 持って 自転と公転を 進行することになります。また、これらの 特殊磁化は Vゲート現象と 類似した 動きを 持たせて、初期に 継続的な 動きを 持つように 作られたりもします。しかし、これらの 特殊磁化は、他の効果を 作り出すとき 最も必要となり、特別な磁化を 介して 作られた 「小さな 間隔」は、実質的に 摩擦力を 最小限に 抑えるためには、大きな 助けはありません。したがって、より高い RPMに 達して、他の効果を 介して 摩擦力を 最小限に 抑えることの 必要性があります。

 

第2に、平速度状態 – 渦電流を 通した ローラの 磁場浮揚です。

1538829_359728514168571_1696741510_nSEGの4番目の層は、「銅」で 作られています。銅は 反磁性体の 性質を 持っています。反磁性体は、外部磁界によって 磁界と 反対方向に 磁化されている 物質です。ローラーが 回転するとき、銅層を 介して 渦電流を 生成し、渦電流により ローラーと リングが 互いに 斥力を 持つように 作られています。回転速度が 速ければ速いほど、より多くの 斥力を 作成します。つまり、3番目の層の 直流磁場で ローラーと リングが 互いに 引力を 持たするのと 同時に、4番目の層の 渦電流を 通した ローラーと リングが 互いに 斥力を 持つように 作られています。これは、引力と斥力の 実質的な バランスを 生み出し、それ故に、ローラーが リングの 表面上で 間隔を 持って 自転と公転を 同時に できるように 作られています。
(これに対する データは アーカイブとして見つけ行けば、ビデオを 介して 直接見ることができます。)

 

第3に、高速度状態 – 電子膜の 反発力を 通じた ローラーの 摩擦力 除去です。

申し上げたように、SEGの 全体的な 電子の流れ体は 中心から 外側に 向かって 放出されます。リングから 放出された 電子の( – )は、ローラーの ネオジム(+)に 入って 加速した後、再度 放出されてなり、これらの 電子の流れ体は 再び その次の リングの ネオジム(+)を 介して 進入することになります。もし、リングと ローラーが 放出する 電子量が 十分であれば、これは お互いに 反発力を 維持することになります。リングも 外側方向に 電子( – )を 放出させ、ローラーも 外側方向に 電子( – )を 放出するからです。これは 実質的に お互いを 押し出す作用をします。このように、直流磁場と交流磁場の 実質的なバランス、渦電流を 通した ローラの 反発力、電子膜による 反発力を 介して ローラーが リングの 表面上で 公転と自転を するとき、リングに 届かないまま 回転します。また、ローラーのネオジム層に 継続的に 流入される 電子の流れ体は 摩擦力なく 駆動力を 供給する 役割をしてくれます。これらは、実質的な 摩擦力を 除去したまま回転できるようにしてくれる 方法です。

 

第4に、超高速状態 – 電子膜による 真空の形成です。

SEGが 電子の流れ体を 形成して、循環にする場合は、この電子の流れ体は 一つの 「電子膜」を 形成します。表面を 介して 放出された 電子は、周囲の空気を イオン化して、イオン化された道を 介して ネオジムに 向かって 流れます。電子が イオン化層を 介して 流れるとき、空気は 電気的に 分解されます。もし このイオン化層を 通じて 流れる 電子たちが 非常に 密度ように 流れる場合、電子の流れ体は、空気を 暴いて 押し出し 低気圧を 形成するようにするのです。高い高圧で 放出された 電子は、空気を 介して 流れるよりも 低気圧(真空)を 介して 流れようとするからです。つまり、ローラの 回転速度が 速くなるほど、電子の流れ者により 形成された 電子膜を 介して より広い真空が 形成されるようになりますこれは、リングと リングの間、リングと ローラーの間、SEGの周辺環境を 真空化させることを 意味し、これらの 作用を 介して ローラが 回転するとき, 空気の摩擦力を 最小化したり、除去することができます。

つまり、これらの 4種類の 効果を 介して ローラーが リングの周りで 回転するとき、リングとの摩擦力、空気との摩擦力を 最小限に 抑えることができており、これは、熱と音を 介して
起こる 損失を 削除させてくれることを意味します。 SEGは、これらの効果を 通ってローラーが 公転と自転を するとき、どのような 損失なしに 回転できる 機能を 持っています。

 

 

 

 

 

 

 


[内部的な 損失を 削除する方法]

 

ローラーが 回転して、電子膜が 形成され始めると、SEGは ますます 冷たくなり始めます。つまり、ローラーの 回転が 速くなるほど、ますます 低温化がされるようになり、
理想的な RPMに 達すると、非常に 密度のある 電子膜が 形成されて、SEGは 極低温状態に 達することになります。極低温状態に 到達すると、
SEGは、超伝導化がされ、内部の すべての 抵抗と損失を “0”にしたまま 電子を 流すことができるように 設計されています。

次は、低温化方法の分類です。

  • (1) 真空による伝導防止
  • (2) 電子膜による輻射熱防止
  • (3) 電子膜の 電磁波 吸収

 


最初、真空による 伝導防止です。

InductionHeating1

申し上げたように、SEGは 電子の流れを 通って 周囲に 低気圧を 形成します。理想的な 場合には、真空を 形成することになります。
これは 熱の伝導効果を 防止できる 方法です。周辺に 真空が 形成される場合、空気を 通した 熱は 伝導する 媒体がないので、
SEGに 熱伝導を することができなくなります。私たちは、これらの効果を 通して 空気から熱を 実際に 防止します。

 

第2に、電子膜による 輻射熱防止です。

ㄹㅇㄴㄹㄴㅇㄹㅇㄴ2SEGの 周辺を包み込む 電子膜は 地球の ”電離層”と 同じ効果を 持っています。
高いRPMに 達して 非常に 密度のある 電子の流れにされた 電子膜を 形成させると、外部の電磁波は、この電子膜に 吸収されたり、外部に 反射され、内部にある SEGに 到達できなくなります。電子膜の 密度が低い場合には、電磁波の 一部は 透過されますが、もし 電子が 非常に密度ように流れ、電子膜を 形成する場合、外部の電磁波は、内部に 透過されません。輻射熱は 電磁波に 対応しており、私たちは 電離層より 強い密度にされた 電子膜を 通して 外部の輻射熱を 遮断します。

このように、SEGは この二つの効果を 介して 伝導熱と輻射熱を 実質的に 防止することで、外部の熱により SEGの温度が 上昇することを 防止します。

第3に、電子膜による 電磁波吸収です。

228488_10150172097978302_5658604_n.jpgoriginal

形成された 電子膜は まるで プリズムのような 効果を 持ちます。これは、電離層のような 効果であり、いくつかの 電磁波だけ 透過させ、残りの電磁波は吸収したり 反射させます。SEGは、このような 電子膜のプリズム効果を通って、他の電磁波を 吸収し、そして 1つの電磁波のみ 継続的に 放出します。たとえば、輻射熱のような 電磁波を 吸収することを 意味します。 SEGは 「Law of Square」という 数学的法則に 基づいて製作されています。これは SEGが 循環させる 電子を 通じた 電子膜を 一つに 統一させる 方法であり、これにより、SEGは ただ一つの 帯域幅の 電磁波のみ 放出します。この 帯域幅の 電磁波以外の 電磁波は ほとんど吸収したり、いくつかの 反射させます。

このように、SEGは 真空と電子膜を 通して外部の熱を 完全に 防止させ、電子膜のプリズム効果を 介して SEG内部の 電磁波形の 輻射熱を 吸収させます。これにより、SEGは 真空化され、冷却され、このような状態で 超伝導効果が 表示されます。超伝導効果は 低温〜極低温状態で 何の抵抗もなく 電流を 無限に 流れるようにします。したがって、SEGが 高いRPMで 維持ば、どのような 損失も 発生しないように なります。

 


[ シャル 技術 ]

ほとんどは 技術的に 説明が 可能であるが、わずか 2つだけが 特別に 記述されています。

  • 「Searl Magnetized」(内部層には 直流磁場、外側の層には、交流磁化層を 同時に 磁化する 技術)
  • 「Law of Square」(重量、体積、密度を 決定する 数学的な方法)

この 二つの技術は、唯一に  「シャル グループ」だけが 使用する 技術であり、詳細に ついては、機密として 分類されています。

最初に、Searl Magnetized(シャル磁化)技術です。

SineWaveRollerSegment

この技術は、3回目層である 磁石層を 特殊磁化させる 方法です。通常の場合には、方向性のある 直流磁化方法のみを 使用します。これは ただ 一つの N極と S極だけ 持つという 意味です。しかし、”シャル グループ”は、これらの 通常の方法を 介して 磁化させません。私たちは、これらの 方向性がある 直流磁化層を 有すると ともに、表面に 多数の極になっている 正弦波の形の 交流磁化層を 形成します。つまり、磁石の内部層は、直流磁化層を、磁石の外部層(表面)には、交流磁化層を 同時に 着せることを 意味します。直流磁化層は、リングと ローラーが お互いを 引っ張る 引力を 担当して、交流磁化層は、リングと ローラーが 間隔を 形成し、パターン的な 動きを 生み出し、Vゲートの ように 継続的な 動きを 作り出すために 使用します。交流磁化層を 通して 作成された パターンの動きは、ローラーが 公転と自転を しながら、同時に リングに 近くなったり 離れたり ことを 繰り返すなる ように 作ってくれます。これは、電子の流れを 収縮と膨張を 持続化させながら SEGが 安定的に 運転できるようにします。SEGの ローラーが、これにより、リングに 近づいとき、リングと ローラーが 互いに 共鳴して 周辺で より多くの電子を ネオジムを 通して 収集するように 作ってくれます。このような 交流磁化層は、リングと ローラーが 90度ほどの差によると 磁化されています。

 
そして、特殊磁化されている 周波数は、「Law of Square」に 完全に 従う必要があります。これらの 直流磁化層と 交流磁化層を 作成する 方法は、、
直流と交流を 1秒間 同時に磁石に 加え 磁化させる 方法で、ただ シャル グループだけが、これらの 磁化方法を 所有しています。
 
第2に、「Law of Square」です。

これは SEGが 製作になる時、どのような 大きさ、密度、重量を 持たなければならかどうかの 法則です。これらの 数学的 法則は 昔から 魔方陣と呼ばれたており、どのような 方向に 数を 加えても、同じことが 出てくる 法則です。私たちは、これらの 魔方陣で いくつかの 数字だけを 使用します。例えば、家庭用SEGの ローラーが 使用する4スクエアは、4,7,10,13と 同じ 数字を 使用します。これは、ローラーを 構成する セクション 一つの ネオジムが 13 g、テフロンは 4 g、磁石層は 10 g、銅は 7 gが なるべき ことを 意味します。重量は バランスがある 電子の流れをために 絶対的に 正確でなければなりませ。
もし SEGを 構成する パーツが 0.05 g以上の 誤差が 出る場合、クーパーペアの融合が 行われる 難しくなり、これにより、効率は 非常に 低下することになるであり、電子膜も 一つに 融合されなくなります。私たちは 特に、「重量」と 「シャル 磁化周波数」を 決定する上で、この 「Law of Square」を 使用します。

 

超伝導化がされた SEGを 介して 収集された 電子の(フェルミ粒子)は、ネオジム 内部に 入って テフロンに 進入するとき、すべての 電子が 量子的に 接続されて、まるで 一つの流れのように 行動して  動き出します。これは、フェルミ粒子の 電子から ボソン電子に、すなわち、電子が クーパーペアを 組んで、全体的に 流れることを 意味します。外部環境の フェルミ粒子の電子たち(ランダム的 無秩序)は SEG内部に 進入して ボソン電子(画一化されて 秩序れた クーパーペア)に 変換されます。クーパーペアを 組んだ 電子は、原子と原子の間の空間を 介して 流れるので、どのような 抵抗も 受けなくなります。

これが 超伝導化であり、Law Of Squareはこれらの 超伝導化を 通じた 電子たちの 統一化に 大きく 関与します。それぞれの ローラーと、それぞれの リングが 放出する クーパーペアが 同じ クーパーペアに なれるように 作ってくれる、この 二つの 技術が なくなったら、SEGは、超伝導化が できなくなり、様々な 損失を 誘発し、電子膜も お互いに 違いが 発生します.

 


557a37565cf8925021d08c2dbc54ecffこのように、SEGは、様々な 効果を 相互作用させた 一つの 原動機です。 SEGは 直流と交流の 両方を 出力して出すことができます。交流的な 出力を 希望する場合、私たちは C-コイルを 通って ローラーの回転を 交流に 変換します。もし 直流を 出力する 必要に応じて、集塵機器を 通って 放出される 電子を 収集して (-) 極として使用し、ネオジムを (+)極にして 線で 接続する 方式で 直流的な 出力を 作ります。ただし、必要な 電圧と 電流に 変換させるためには、他の 機器と 連動して 使用する必要があります。
SEGの 電子的な流れは、1.5 mA 以上では、電流が上昇していないまま、唯一に 電圧だけが 上昇します。SEGが 使用されるためには、必ず オーバーロード 状態に 進入しないように 色々な 機器が 設置されるべきであります。SEG 自体のみを 使用して、完全な 超伝導状態に 進入するようになると、電子膜の エネルギーレベルは、継続的に 増加するようになって ある程度後に、過負荷が かかるようになって、全体的な 発光現象が 起きて 急激に 空の向こうに 打ち上げなります。
もし 私たちが SEGを 持続可能な エネルギーの 出力を ために 使用するとしたら、これらの 電子膜 内部回路を 介してのみ 循環するように 設計する 必要があり、機械的に 結合された ケースに 密封される 必要性が あります。(これが 現在 進行している 「SEG 商業化 プロジェクト」です。)
現在、この ホームページで 技術された SEGの説明は 一部だけ 技術されており、詳細は、アーカイブの レポートや 複数の資料を 使用して みてください。