5page-img1Prof. John Roy Robert Searl

SEGを 作り上げた 開発者。数十年の間 SEG関連 プロジェクトを リードしており、SMIと SAC、そして SGTような シャル チームの 最高権威者である。『ジョン シャル』


5page-img2 Fernando David Morris

IBMの 電気工学 研究者 出身として、SEG 商業化 プロジェクトを 率いており、SMIの 総責任者である。主に 研究、開発を 進めている。『フェルナンド モリス』


Jason1Jason Verbelli

SMI メンバーとして、メディアと 広報を 担当しており、同時に、SEG 研究開発や 公式的な仕事に 参加している。    『ジェイソン ババリ』


searl-team21Mike Windle

SACの 総責任者であり、SAVの 計画の 進行を 務めている。『マイク ウィン』


上記 メンバーは、シャル チムの 幹部であり、現在 全世界的に、色々な メンバーとパートナー、そして 投資家がいます。現在の シャルの メンバーたちが、ヨーロッパ、アメリカ、メキシコ、カナダ、オランダ、タイ、中国、韓国、そして その他 多くの国で活動中であり、これらは SEG 商業化 開発が 終わり次第、本格的な 活動を 行う予定です。そして オランダで Searl Global Foundation(SGF)を 設立され、運営中であり、様々な 国のための シャル グループ支社たちも 現在、法人化中です。メンバーリスト



注意事項

主要な 幹部の中, ブラッドリーロッカーマンと ラッセル・アンダーソン、 フィリップ  タバートと  その関連 メンバー、そして シャル  テクノロジーオーストラリアの  メンバーは、シャルの技術の  一部を 持っていき、シャル チームを 利用しました。これにより、彼らが率いる 「Searl Technology Inc」(STI)団体は、2014年以降からシャルの権限で 超えたため、彼らは今、シャル チームとは 何の関係が ありません。彼らは シャル チームから 出て 「Spin Tronics Generator」(STG)という名前を かけて 新しい 会社を セットすることを 開始したが、それらを 率いていた フィリップ タバートが 死んでから、その チームは ほとんど 消えた 状態です。2014年から、Searl Technologyが 入っている 会社名は、ジョン シャルの 委任を 受けていない 類似会社ので、法的に 何の保護を 受けていないことを あらかじめ 明示いたします。

唯一の ジョン シャルの 委任を 受けた 会社は Searl Magnetics Incと Searl Aerospace Corp、
そして Searl Global Technologiesだけ 公式的な シャル チームで あることを 事前に 言われてますので 利点に 必ず お読みください。

下の メンバーは、正式な シャル グループの すべての 権限を 剥奪し、
何も 委任されていないことを 事前に 申し上げます。

AGM460_0005c3558d9300e214236b62abef72c03a4