Searl-Magnetics_headless-bird_6001シャル グループは、1960年代から 存在してきた 団体です。
1960年代 当時は、 「S.I.S.R.C」と「D.I.S.C」、そして
「Searl Organization”が 1つの組織(第1世代のチーム)を 行わ活動し、
SEGとSAVの 様々な 研究を 進めていました。その当時、
作成した さまざまな 実験データと レポートは まだ 存在しています。
第1世代の チームは、無人-SAVを 製作し、
操縦可能な 無人SAVのDemo-1を 作製した裏、
複数 不幸な 事故や 事件によって ほとんどの 材料が焼かれ、
第1世代の チームは 消えてしまいました。

第1世代の チームから 長い 時間が経った後、1996年、ジョン・シャルは、「SEG 商業化 プロジェクト」を 計画しており、
第2世代の チームとして 再起動されるようになりました。
これは、シャル技術が 消えるのを 防止するのと 世界のすべての人々が この技術の恩恵を 享受するために 始まった プロジェクトです。
2010年から 正式に 「Searl Magnetics Incorporated」(SMI)と 「Searl Aerospace Corporation」(SAC)、そして
「Searl Global Technologies Society」(SGT)が 一つの会社(第2世代のチーム)として 設立されまし、現在も 継続的に 活動しています。

シャル グループは、ジョン・シャルの 技術を 研究し、開発する グループとして、エネルギーと 航空宇宙技術の 革新的な 変化を リードしています。
全世界的に、様々な シャル チームが 活動しており、様々な メンバーと パートナー、そして 投資家で 構成されています。